欠けた奥歯をセラミックにする方法や値段

奥歯が欠けた!?セラミックにした方がいい?

虫歯で歯が弱っていたり、硬いものを噛んだなどして奥歯が欠けたという場合、自費のセラミックで治療をするか、保険の銀歯で治療をするかという選択が必要になります。
「奥歯は目立たないから銀歯でいい」という考え方もあります。ただ、笑ったり口を開けたときに意外に銀歯は目立ちやすく、写真を撮ったときにキラリと光っているのにショックを受ける方もおられます。 また、金属が溶け出すことによる金属アレルギーや歯茎の黒ずみ、虫歯や歯周病のリスクの上昇なども懸念されるため、当院ではできる限り、セラミックの詰め物・被せ物による治療をおすすめしております。

欠けた奥歯を放置すると…

欠けた奥歯を放置すると、次のようなリスクが生じます。
  • 象牙質が露出し虫歯の原因となる
  • 欠けたところから細菌が侵入し、歯茎で炎症を起こす
  • さらに大きく割れ、治療が大変になる
  • 鋭利な部分が舌や粘膜を傷つける
保険治療をするにせよ自費治療をするにせよ、長く放置していて良いことは1つもありません。歯が欠けたときには、まず歯科医院を受診しましょう。

こんな風に奥歯が欠けたらどうしたらいいの!?ケース別対処法

どのような原因で歯が欠けたかによって、治療法は異なります。 ただいずれの場合も、まずは歯科医院を受診することが大切です。

虫歯によってもろくなった奥歯が欠けたとき

虫歯が進行すると、それだけで歯は脆くなります。これまでと同じ力であっても、食事などの際に欠けてしまうことがあります。
すぐに歯科医院を受診し、まずは虫歯治療を受けましょう。
欠損が小さい場合には、レジン充填という方法で比較的簡単に治療できることもあります。欠損が大きくなれば、詰め物や被せ物での治療が必要になります。

歯ぎしりによって奥歯が欠けたとき

歯ぎしりは、普段では想像できないような強い力を発生させ、欠けたり割れたりする原因になることがあります。奥歯が欠けていることに気づいたら、すぐに歯科医院を受診しましょう。詰め物・被せ物の治療を行います。ダメージが神経にまで及んでいる場合には、根管治療が必要になることもあります。
その後、ナイトガードを作製・使用することで、歯ぎしりによるダメージを軽減し、再発を防ぐことも大切です。もちろん、欠けるより前、歯ぎしりに気づいた時点で歯科医院を受診するのがベストです。

詰め物・被せ物が欠けたとき、取れたとき

詰め物・被せ物が大きく欠けたときには作り直しが必要ですが、小さく欠けたときには部分的に補修をすることで引き続き使用できることがあります。
詰め物・被せ物が取れたときも、ご自身でどうにかしようとせず、必ず歯科医院を受診してください。再接着が可能な場合がありますので、外れた詰め物・被せ物をお持ちください。

奥歯の根元が折れたとき

強い力がかかったとき、あるいは長年にわたってダメージが蓄積していたとき、奥歯の根元が折れるということが起こります。神経が残っている歯であれば痛みがありますし、神経がない歯であっても歯茎の腫れ・膿などの症状をきたします。
こういった異常に気づいたら、すぐに歯科医院を受診しましょう。場合によっては、歯を残せることもあります。

奥歯をセラミックにすることのメリット

セレック治療のメリット欠けた奥歯を金属ではなくセラミックで治療することで、次のようなメリットが得られます。
  • 天然歯のような美しさにより目立たない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 金属の溶け出しによる歯の黒ずみの心配がない
  • 歯垢が付着しにくく、また長く使っても形状が変わらないため、虫歯・歯周病リスクを抑えられる
  • 適度な摩耗性があるため、咬み合う歯を傷つけにくい
  • 歯の根に優しい

奥歯のセラミックの種類

奥歯に使用できるセラミックには、以下のようなものがあります。 患者さまのご希望や噛み合わせの強さなどを考慮して、最適なものを選択します。

ジルコニアセラミック

内側のフレームに高い硬度を誇るジルコニアを、外側にセラミックを使用したクラウンです。
優れた審美性を持ちながら、耐久性も安定しています。

オールセラミック

セラミックのみを使用したクラウンです。審美性と機能性を併せ持っています。ただ、ジルコニアセラミックやe-maxと比べると、硬いものにぶつけたときなどに割れる可能性がやや高くなります。

e-max

透明感に優れるニケイ酸リチウムガラスを主成分とクラウンです。
ジルコニアセラミックに次ぐ強度を持ち、奥歯にも、前歯にも使用できます。

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチックを混合した材料で作るクラウンです。
費用は抑えられますが、審美性・機能性ともに他のセラミッククラウンと比べるとやや劣ります。ただし、奥歯に使用することを考えると、目立ちにくさという点では十分に役割を果たせます。

奥歯をセラミックにする費用

全て税込料金です。

ジルコニアクラウン 132,000円
オールセラミック 104,500円
セレックe-maxクラウン 77,000円
ハイブリッドセラミッククラウン 66,000円
TOPへ戻る
お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:06-6773-6480 TEL.06-6773-6480