大人から始める歯の矯正にかかる期間・種類等について

大人になってからでも遅くない!?何歳まで?大人の矯正にかかる期間は?

大人になってからでも遅くない!?何歳まで?大人の矯正にかかる期間は?成人矯正を受ける方は、20~30代くらいの方が多くなります。自立され、収入を比較的自由に使えるようになった年代と言い換えることもできるかもしれません。
ただ、近年は40代や50代、あるいはそれ以上の年齢であっても矯正治療を受ける方が増えています。実は、原則として何歳であっても、矯正治療は可能なのです。
年齢を重ねるにつれて顎の骨が硬くなっていますので、治療期間は多少長くなりますが、いずれの装置を用いた場合であっても2~3年、部分矯正であれば半年~1年で治療が終えられます。
なお、実際の治療については、矯正専門のクリニックをご紹介させていただいております。
治療前のご相談は当院が対応いたしますので、お気軽にお問合せください。

大人になっても気になる歯並び…
このような歯並びの方は一度ご相談ください

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)上の歯が、下の歯より前方へと出ている状態です。
口腔内や上の前歯が乾燥しやすくなります。

下顎前突(受け口)

下顎前突(受け口)下の歯が、上の歯より前方へと出ている状態です。
噛み合わせが大きく乱れていることが多く、咀嚼や発音に支障をきたします。

叢生

叢生歯列がガタガタになっている状態です。
汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

過蓋咬合

過蓋咬合上の歯が、下の歯に大きく被さっている状態です。
噛み合わせが大きく乱れていることが多く、咀嚼に支障をきたします。

開咬

開咬奥歯を噛み合わせたとき、上下の前歯に開きがある(閉じていない)状態です。
奥歯の負担が大きく、将来的に奥歯を失う可能性が高くなります。また、口腔内が乾燥します。

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列(すきっ歯)歯と歯のあいだに隙間が生じている状態です。
食べ物が詰まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、発音に支障をきたすこともあります。

交叉咬合

交叉咬合上下の噛み合わせが、左右にズレている状態です。
顔のゆがみ、肩こり、頭痛などを引き起こすことがあります。また、咀嚼に支障をきたします。

大人が矯正治療(歯列矯正)をする
メリット・デメリット

大人が矯正治療を行う主なメリットとデメリットをご紹介します。
メリット
  • 口元のコンプレックスを解消し、精神的な健康が得られる
  • 虫歯・歯周病のリスクを低減できる
  • 顎の成長が完了しているため、治療期間を見通しやすい
  • 小児矯正よりも患者さまの意志が強いことが多いため、治療の効果が得られやすい
デメリット
  • 治療中の虫歯・歯周病への注意が必要
  • 小児矯正と比べると、痛みや違和感が現れやすい
  • 小児矯正と比べると、抜歯が必要になるケースが多い

デメリットを緩和・解消するために

デメリットを緩和・解消するために
「治療中の虫歯・歯周病への注意が必要」というデメリットの緩和・解消

指導された装置の管理・使用方法、ホームケアを正しく実践しましょう。
また、マウスピース矯正や裏側矯正を選ばれた場合には、虫歯リスクが少なくなります。

「小児矯正と比べると、痛みや違和感が現れやすい」というデメリットの緩和・解消

痛みが辛いときには、遠慮せずに歯科医に伝えましょう。調整などの方法で対応してくれます。
マウスピース矯正や部分矯正を選ばれた場合には、痛みや違和感が比較的少なくなります。

「小児矯正と比べると抜歯が必要になるケースが多い」というデメリットの緩和・解消

非抜歯矯正の経験が豊富な歯科医に相談しましょう。抜歯が必要になった場合にも、その理由を説明してくれる歯科医がよいでしょう。

大人の矯正装置の種類

大人の矯正装置には、いくつかの種類があります。
※当院では部分矯正のみ行っております。その他の方法をご希望の方は提携医院をご紹介します。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正歯の表側に取り付けたブラケットに、ワイヤーを通して歯を動かします。
もっとも歴史ある矯正装置であり、ほとんどの症例で確かな効果が得られます。

メリット
  • ほとんどすべての症例に対応できる
  • 歯並びの美しさをとことん追求できる
  • 他の矯正装置と比べるとやや費用を抑えられる
デメリット
  • 目立ってしまう
  • 食べ物が詰まることがある
  • 口の中を傷つけることがある

マウスピース矯正

マウスピース矯正理想の歯並びに向けて作られた透明のマウスピースを交換していくことで、歯を動かします。
装置の目立ちにくさ・快適性は矯正装置の中でも群を抜きます。

メリット
  • 目立たない
  • 痛み、違和感が少ない
  • 食事、歯磨きでは取り外せるためストレスがない・虫歯になりにくい
  • 通院の間隔が少し長い
デメリット
  • 1日20時間以上の装着が必要

部分矯正

部分矯正ブラケットとワイヤーによって、前歯だけ(1~2本)を動かします。
前歯は奥歯よりも動かしやすいため、全顎矯正と比べると治療期間が大幅に短縮されます。

メリット
  • 痛みが少ない
  • 短期間(半年~1年)で治療を終えられる
  • 費用を抑えられる
デメリット
  • 歯並び全体に問題がある場合は適応とならない

裏側矯正

裏側矯正歯の裏側にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。
唾液が常に装置を洗い流してくれるため、治療中の虫歯リスクが抑えられます。また、装置を表側に取り付ける「ワイヤー矯正」と同様、歯はしっかりと動かせます。

メリット
  • 装置が目立ちにくい
  • ほとんどすべての症例に対応できる
  • 歯並びの美しさをとことん追求できる
  • 治療中に虫歯になりにくい
デメリット
  • 食べ物が詰まることがある
  • 舌があたるため最初は違和感がある

大人の矯正治療の費用

矯正管理料 3,060円
咬合誘導(片顎) 165,000円
仕上げ矯正(片顎) 121,000円
プチ矯正 88,000円
リテーナー
(ホウレイタイプ)
16,500円
リテーナー
(マウスガードタイプ)
11,000円
TOPへ戻る
お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:06-6773-6480 TEL.06-6773-6480